黄土よもぎ蒸しサロン ラクサー 神奈川,横浜,鶴見

トップ > 黄土よもぎ蒸し 手順と座り方

黄土よもぎ蒸し 手順と座り方

黄土よもぎ蒸しの手順と座り方をご説明いたします。

よもぎ蒸しの手順

子連れでも大丈夫 タイ古式セラピー、オイルセラピー 1.服、下着、アクセサリーなどすべて外してガウンを着てください。

2.蒸気が逃げないように首にタオルを巻いて下さい。

3.ガウンでイスを包み込むように座ります。

4.座浴の時間の目安はは30~40分です。

5.途中、ご用意いたしました水分をお取りください。

6.ガウンの中に顔まで入れると、より効果的です。

7.夏場や熱いときは、肩や腕を出しても構いません。

8.黄土よもぎ蒸し終了後、薬草成分が浸透していきますので、2.3時間は入浴・シャワーをお控えになられることをお勧めいたします。

座り方

基本的な座り方
・イスの中央に丸い穴が開いているので、その穴の後ろに座って足を開いて座る。

・前に座り、背中や肛門に蒸気を当てます。

・真ん中に座り3~4分、デリケートな部分に当てます。

・マントをすっぽりと頭までかぶり、腹式呼吸をしてください。  (出来る範囲で、無理のないように)

・熱いときはイスに脚をのせて、あぐらをかくような格好で座ります。壁によりかかると楽です。  お好みの体勢でリラックスしてください。

ページのトップへ戻る