黄土よもぎ蒸しサロン ラクサー 神奈川,横浜,鶴見

トップ > Rakusaの店の名前の由来

Rakusaという店の名前の由来について

Rakusaとは、タイ語の「Rakusa(ラクサー)」という言葉からきていて、「癒す」という意味があります。

タイの現地の文字ですと「รักษา」で、発音は「Rạks̄ʹā」こうなります。

ローマ字表記にして「Rakusa」、日本語で「癒し」です。

黄土よもぎ蒸しのサロンでタイ古式セラピーも行っているためこのような名前にしました。

また、日本の方でも「ラクサー」という言葉(語感)を聞けば、「楽さー」というふうに、とらえていただけるのではと思いこのようにしました。 期せずに、少し沖縄的なゆるさも含まれているふうにも思います。

さらに、この「Rakusa」ですが、逆さに読むと「Sakura」サクラになります。私の一番好きな花です。 春の桜が咲いている時期は、心がはずみます。

「Rakusa(ラクサー)」で癒しのひとときをお過ごしください。

Rakusaの名前の由来 ラクサー タイ語

ページのトップへ戻る